休肝日の必要性

休肝日の必要性

何かとお酒を飲む機会がある人は、休肝日を作った方が良いといわれると思います。ですが、肝臓が特におかしいと思うこともなく、二日酔いも生じないという人は、あまりその必要性を感じません。ですが、どんな人にも休肝日は必要です。

 

摂取したアルコールは肝臓で分解されますが、肝臓ではアルコールの分解を最優先と言ってもいいほど先に進めます。それだけ全力で処理をしても、ほとんどの場合はアルコールは1日以上体の中に残り続けます。すると、肝臓は休む暇がないために少しずつ疲労していくようになります。

 

お酒が好きで毎日のように飲む方は、肝臓をそれだけハードワークにさらしていることになります。肝臓はお酒を飲んだ日は徹夜で働いているので、その翌日は当然作業効率が落ちているのです。こちらを参考に⇒ASTALTの基準値は?

 

肝臓は全身のエネルギー代謝に関わっている臓器でもありますから、疲れて作業効率が落ちてくると全身にいろんな影響が出ます。何よりも疲れたと感じるのは肝臓が十分に働けていないからです。さらに、肝臓は脂質の代謝にも影響していますから、肝臓の機能が低下していると太りやすくなります。お酒を飲んでいると太りやすいといわれるのは、お酒にカロリーがあるからではなく、肝臓を弱らせ、さらにそこに脂肪分の多いおつまみが大量に投入されるからです。

 

肝臓を休ませる意味は、全身の健康を維持するためであり、お酒を飲みやすくするためではありません。意味をわかって、お酒を飲む人も飲まない人も、しっかり休肝日を作ってあげるように心がけましょう。