注意したい猫の食品アレルギー

注意したい猫の食品アレルギー

食物アレルギーというと人間にとっても大きな悩みですが、最近は猫の間でも増えているようです。今はキャットフードを製造している会社も食物アレルギーのある猫について非常に気を遣っています。

 

猫の食物アレルギーは、特定の食材や成分にアレルギー反応が起こるもので、アレルゲンの原因になるのは猫に欠かせないタンパク質や穀物などが多いため、難しい問題です。

 

アレルギーが生じやすいのは、消化吸収がうまく出来なかったり、免疫力が弱くなっているときに生じやすいとされていて、同じ食材ばかり食べ続けていることも猫が食物アレルギーを発症するケースにはあるようです。

 

猫は肉食ですから、穀物中心の一般的な安いキャットフードは体に合わないという話もあります。全ての猫がこれにアレルギー反応を出すわけではありませんが、あまりこういうキャットフードばかりを食べさせるのも考え物です。

 

猫が食物アレルギーを起こす原因となる食材としては、牛肉、乳製品、穀類、鶏肉、卵、豚肉など、よく入っているものばかりです。基本的に食物に含まれるタンパク質なら、何でも原因物質になる可能性があるとされていますから、あとは体質との相談になるようです。

 

アレルギーが生じると、下痢や嘔吐が増えたり、体がかゆいために壁などに体をこすりつけたり、外耳炎が生じて耳をよく触ったりと反応が見えます。つらいアレルギーになるリスクを避けるため、食事を色々工夫してローテーションしているところも増えています。参照:http://www.corcompany.com/