カサカサの唇の乾燥対策

カサカサの唇の乾燥対策

全身や顔に保湿をして潤いを与えることは出来ても、なぜか冬になると唇が荒れてガサガサになり、皮がめくれてくることってありませんか?

 

唇の皮は薄いので、めくれるとヒリヒリして痛いですし、口紅の乗りも悪くなります。酷いと、表面が縦に割れて血が滲んでくるなんてことも、しばしばあるでしょう。

 

対策として一般的なのは、唇が乾燥するたびに市販のリップクリームを塗り続けることだと思います。

 

しかし、ただリップクリームを唇の表面に塗り続けるだけでは、本当の意味での保湿はされていないので、自然と治りは遅くなります。

 

では具体的にどうすれば、唇の荒れは解消するのでしょうか。それは、唇へ潤いを与えたあとで、その潤いを外に逃がさないようにしっかりとバリアすることです。

 

リップクリームの成分は、色々と入ってはいるものの、大体は油分で出来ています。つまり油をカサついた唇の表面に塗ることで、一時的に唇を潤すという方法なわけです。

 

ただし乾燥自体は、決して油分の不足だけが原因ではありません。肌の内側に本来あるべき水分が、外に放出されてしまっているせいで不足していることも、唇が荒れている原因のひとつなのです。

 

つまり油分を足す前に、しっかりと水分を取り込んであげる必要があります。

 

唇の荒れ改善の方法としてお勧めなのは、お風呂に入っているときに、唇へパックをすることです。入浴時が効果的な理由として、温かいお湯やまわりの蒸気により、体が濡れて温められていることが挙げられます。

 

肌が暖かくなると筋肉がほぐれ、毛穴が開いて肌が柔らかくなります。また温められた蒸気により、唇の内部に水分が沢山入りこんでいるのです。

 

このとき唇に油分となるものを塗ってあげましょう。馬油や蜂蜜などが特にお勧めです。そして油分を塗ったら、唇全体に食品用のラップをはり、数分間そのまま放置します。

 

水分と油分がほどよく肌に浸透するので、唇の荒れ対策にはお勧めです。

 

また、唇の荒れが酷いときは、この他にも就寝時にマスクをして寝ると良いでしょう。マスクをすることにより、口から吐かれた二酸化炭素が蒸気となって、口周りを温めて保湿してくれることに繋がります。