疲れに効く食べ物はどんなもの?

疲れに効く食べ物はどんなもの?

 

網膜内にあるロドプシンという成分が不足してくると、目のかすみや眼精疲労を招いてしまいます。ロドプシンの生成を助けてくれるのが、アントシアニンです。

 

目に良いといわれるのは、アントシアニンにこのような作用があるからなのです。アントシアニンはポリフェノールの一種ですから、ロドプシンの生成を助けるだけでなく抗酸化作用も持っています。つまり、老化をはじめとした様々な作用を持ち合わせているのです。

 

アントシアニンを多く含む代表的な食べ物といえば、ブルーベリーやビルベリーです。ブルーベリーの紫色は、アントシアニンが多く含まれている証拠。食べると口の中が紫色に染まってしまうほど、効果が高いのです。他にも、さつまいもやプルーン、ラズベリーなどにもアントシアニンが豊富に含まれています。フルーツなら、毎日簡単に摂取し続けることができそうですね。有効成分を手軽に摂るならサプリがおすすめです。

 

疲れ目の予防には、目の粘膜を保護して網膜を正常に保つことが必要です。そのためには、目のビタミンと呼ばれるビタミンAが欠かせません。

 

ビタミンAは、植物性と動物性の2種類があります。植物性はカロチン、体内で必要なぶんだけをビタミンAに変化させます。にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に、多く含まれています。

 

動物性ではレチノール、過剰摂取に気をつければ重要なビタミンAとして働きます。レバーやうなぎなどに、多く含まれるといわれています。過剰摂取すると、頭痛や発疹などが出ることがあります。