抗酸化力の高い青汁はどんなもの?

抗酸化力の高い青汁はどんなもの?

ポリフェノールというのは、ワインや緑茶、コーヒーに多く含まれるといわれる成分で、最近はその健康に関する効果が注目されるようになってきています。この効果というのは、活性酸素を除去する抗酸化作用で、また抗がん、抗アレルギー、殺菌などの作用があることが認められています。

 

青汁の原料によく使われている明日葉という野菜がありますが、この明日葉に含まれるカルコンという物質には特に強い抗酸化作用があり、これを日頃から積極的に摂取することで抗酸化作用の効果をより多く受けることができると言われています。

 

こうした抗酸化成分が不足するとカラダはいわゆる酸化した状態になってしまうのですが、金属が酸化すると錆びてしまうように、体が酸化すると老化してしまいます。固く、そして壊れやすい、そういった状態になってしまいます。特に臓器が老化してしまうようになると、それによって体に色々な不調が起こり、結果、様々な病気にかかってしまうこともあります。

 

そして、活性酸素はガンの原因だとも考えられていて、このガンを抑える効果があるということでポリフェノールは注目され始めたのです。

 

さて明日葉に含まれるカルコンですが、これはポリフェノールの一種で、こうしたガン予防やその他の健康効果を持っている成分。これを手っ取り早く摂取するためには青汁が一番で、多くの栄養とともにこの抗酸化成分を取り込むことができます。結果、体を若く保ちながらいろんな病気から強く作ってくれます。

 

体質改善に、ぜひ青汁をお役立てください。