暑い夏クールビズ推進

暑い夏クールビズ推進

数年前から提唱され続けている、オフィス内でのクールビズ。女性の場合はもともとスーツの着用が不要な人も多いかもしれませんが、夏の暑い盛りに涼しげにスーツを着こなすのもお洒落です。

 

近頃では冷んやりした着用感のあるスーツや洗濯機で気軽に洗えるスーツなどが販売されていますので、検討してみるとよいでしょう。

 

大手ファッション専門店のA社が女性用スーツに採用しているのは、太陽の赤外線などを反射する特殊加工を施した生地です。信州大学との共同研究で開発された生地で、表面温度の上昇を最大で約10度も下げることができるというのですから驚きです。

 

洗練されたデザインで定評のあるブランドNは、過程の洗濯機で水洗いしても型崩れしないスーツを販売し始めました。
豊富なカラーバリエーションが展開されているので、一度は試してみるのもよいものです。

 

ジャケット、スカート、パンツと、単品でも使い回しがきくデザインとなっており、コーディネイトがしやすいのも人気の秘密です。暑さ対策でアウターに工夫をするときには、麻やコットンの長袖ブラウスをジャケットやカーディガン代わりに着用する方法です。

 

長袖なんて暑い!と思う人もいるかもしれませんが、麻やコットンはサラッとした肌ざわりで日差しや熱風を遮ってくれます。肌がベタベタするのを防いでくれるのに加えて、お洒落面でも気がきいています。

 

タンクトップやキャミソールワンピースなど肌の露出度の高いファッションを着用しているときには、日焼け防止も兼ねて自然素材のブラウスを一枚持っておくとよいでしょう。クーラーの寒さ対策と暑さ対策の両方に気を付けて、夏のワードローブはそろえていくようにしましょう。

 

クールビズはインナーにも暑さ対策
男性並みに、外回りの仕事をしている女性が多くなりました。外回りの仕事をしている女性にはもちろん、内勤の女性にも夏の暑さ対策は悩めるところでしょう。スーツの下に着るインナーや下着に工夫をすると、夏のベタベタした暑さも快適に過ごせます。

 

いま話題を集めているのが、新開発の冷んやり素材や自然素材を利用したノーカラーのブラウスとカットソーです。さっぱりとした素材で、しかもえりあしがスッキリしているので、爽やかに過ごせます。

 

汗取り機能の付いたインナーは、えり元にレースやビーズ装飾が施され、アウターとして見せてもお洒落なものが人気を集めています。ノーカラー、ノースリーブのワンピースの上にジャケットをコーディネイトするファッションが流行り出したのは、自宅で洗濯が可能なジャケットが登場したことが一因です。

 

下着面での厚さ対策には、ブラジャーやガードルによる締め付けを軽減することが先決です。豊満なバストの体型でなければ、ブラジャーを着けずに済むカップ付きのキャミソールやスリップにするのもおすすめです。

 

カップ部分が取り外せるタイプなら、特に暑さの厳しいときにはカップを取り外してニップレスを利用すると、さらに涼しく快適になります。タンクトップタイプの下着は、案外肌に密着して熱がこもってしまいます。通気性や速乾性に注意して、選ぶようにしましょう。

 

ショーツとガードルを併用したい場合は、ガードル機能の付いたショーツにすると暑さ対策だけでなくスッキリしたシルエットになります。パンティストッキングを履かないようにすることも、夏の暑さ対策には有効です。素足で過ごすことがNGのオフィスであれば、ひざ下のストッキングやネットタイプのハイソックスがおすすめです。冷房による足元の冷えにも、有効です。